旅するデザイナーとマフラー

日常の備忘録。そしていつかする旅にむけて。

私は経験が少ない。

他大学の方と話す機会に恵まれた。

あまり大学間交流をサークル活動でも学部でもしてこなかったので、最初はどうだろうと思ってみたが意外と楽しい。連絡先を交換しなかったことに少しだけ後悔。

大学院に来て、学部時代と比べてより大きなプロジェクトに関わるようになってみると、みんな私と違ってとても社交的だなと感じる。

分け隔てなく楽しげな会話をし、友達の友達と人脈を広げていく。

そういう人たちと比べると私は本で聞き齧った薄っぺらい知識をぶら下げながらなんの経験もせずに生きているのだなと思う。

人との出会いは自身の経験につながる。

私は圧倒的に経験が足りていない。大学院から新天地に来て、交友関係が大学内とシェアハウスの同居している人だけというのはなんだか悲しい。

悲しいと思って無性に新しい人に会いたいと思うのだが出会い方がわからない。

大学なんて飛び出してどこか旅に出てしまいたいと無性に思うけれども、私は見えない大学という鎖に縛られている。

このブログのプロフィールには今「いつかする旅にむけて」とあるがこの調子では一生旅なんぞできずに、ただ無駄な知識をふやしていくだけなんではないかと焦燥感にかられる。

眠れない午前3時。