旅するデザイナーとマフラー

日常の備忘録。そしていつかする旅にむけて。

高校時代の後輩が亡くなった

 

高校時代の一個下の後輩が亡くなった

 

という知らせを高校時代の同級生から先日聞いた。

私が大学1年か2年の時のことで、既に2,3年も経っているのでとんでもなく遅い知らせではあるが。

 享年18,19才とかだと思う。詳しい原因はわからない、しかし「自室で亡くなった」とのことでもしかしたら自ら選んだ道だったのかもしれない、と彼女は言う。

 

 

その後輩とは特別仲がいいというわけではない、しかし学校行事には積極的に関わり、交友関係も広い学校内での有名人だったので知っており、何度かは話したこともある。

人気者で常にみんなの輪の中心にいるリーダー的な存在で、でもただお調子者というわけでもなく、非常に聡明で古典や数学、哲学と幅広い興味と知識、そして独特の感性や考えを持った子だった。

 

そんな子が・・・衝撃だった・・・それも高校を卒業して、大学に入学し約一年くらいで・・・。

 

若い子が亡くなるのは悲しい。まだ高校時代の思い出も新鮮なまま残っている頃だろうに、同級生やその子に近しい関係の子達の当時のショックは計り知れない。

 

 

私は本当の死因を知らないので、憶測でしかものを語れないが、もし彼女の言うように自ら選んだ道なのだとしたら、、知らせを聞いたときは衝撃だったが、その一方でもしかしたら、あの子ならやりかねないという思いが頭を一瞬よぎった。

 

私みたいなその子と少ししか接点をもたない人間でも、その子が「思考」を好んでいたことがわかる。自らの頭の中で考える、考えて答えを見つける、死の直前まで、その子はありとあらゆることを考えたのだと思う。考えて考えて考えたうえで選んだ道がそれだった。

哲学者や芸術家が激しい自己の思考の後、辿り着いた真理が「死」であったと言う話もあるが、その子からはそういった真理を追究しようとする人々のもつ気迫や雰囲気が高校当時からあった。

 

何となくその子は将来、普通に就職をしたりするのではなく、何か自分の中の真理を追究し続けるような生き方をするのかな、とそう思っていた。

 

その結果がこれなのか

 

その子は一体何を考えていたのだろう。今となってはわからない。なぜならもうこの世にはいないのだから。

生きてさえいえれば、いくらでもきくことができるのに。

 

生きてさえいれば・・・・

 

 

死の直前その子は何を考えていたのか。

 

この知らせを聞いてから、私の心はやり切れなさと虚無感でずっと落ち着かないままでいる。

 

ずいぶんと時間が経ってしまったけれども、ご冥福をお祈りいたします。