読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅するデザイナーとマフラー

哲学だったり、お絵描きだったり、アニメだったり、建築だったり。日常の備忘録。

星を見る -ペルセウス座流星群ー

f:id:abingdonelinika:20160814012434j:plain

http://www.excite.co.jp/News/photo_news/p-5659297/

 

昨日(一昨日?)はペルセウス座流星群を見に、夜、近所の公園に出かけていた。

 

星を見に出掛けるなんて何年ぶりだろう、夜散歩しているときにふと空を見上て・・・なんてことは稀にあれど、公園にブルーシートを敷いて、そこに寝そべり空を見上げるなんて経験、中学生ぶりくらいじゃなかろうか。

 

ただ夜空だけを何時間も見つめていると、月並みな感想ながら自然の雄大さ・美しさに感動しつつ、この星空に美しさを見出した人々も素晴らしいものだと思う。

 

言ってしまえば暗闇の中に光る点が無数に存在するだけなのに、そこに価値を見出し、そして星座をつくった昔の人々は何を考えていたのだろう。

 

星を見て、過去未来、そして壮大に目の前に広がる今へと考えを巡らせる。

 

月が出ていて、沈んだと思ったら今度は雲がでてきて結局流れ星は一つしか見えなかった。

 

でもこうやって公園に寝そべりながら空を見つめる。星も綺麗だが、雲のカタチも案外美しいものだ。

 

きっとその体験こそ今自分に必要なものだった。

 

周りにはカップルや家族がいて、子供たちは夜の公園を無邪気に走り回る(彼らにとっては星を見るよりも、こういった機会でないと許されない夜の公園で遊ぶことの方が楽しいのだろう)。

 

そこは人為的ではない、自然が生み出した確かな心地よい空間だった。