旅するデザイナーとマフラー

日常の備忘録。そしていつかする旅にむけて。

出会いと別れの夢を見る

奇妙な夢を見て目が覚めてしまった。

昔の思い出の人達に再会するという夢。笑顔の再会もある、気まずい再会もある。

当時の出来事をそのまま夢に見るということはあっても当時の人達に今現在再び出会うという夢はほとんどなく(もしかしたら初めて?)新鮮であった、どういう心理なのだろう。

昨日は知人の紹介でとあるイベントで開かれるワークショップの手伝いをし、その後そのイベント参加者達とで1時間程度の小規模な懇親会をやった、小規模と言っても80人くらいはいるけれども。一日かけてイベントを一緒に準備し終わりにはイベントをやりきった達成感で参加者全員が一体感がある、懇親会も色んな特技をもった人達と交流できて楽しかった。しかしその一方で縁もゆかりもない土地で僕がこの人達に出会うことはもうないのだろうなと思ってしまった。

一日の中で出会いから別れまでの流れを体験して、今まで小中高その他のもろもろでの出会いと別れを思い出したのだろうな。

人生は有限できっと会いたいときに会いたい人に合わないと一生会えない。

昔の友人達に久しぶりに連絡をとってみようかな。