旅するデザイナーとマフラー

日常の備忘録。そしていつかする旅にむけて。

考え事

過去の自分に対し「視野が狭い」と言ってやりたい。

実家に帰り、母に会う。聞くとどうやら大学受験を控える妹が色々と悩んでいるらしい。 チャランポランな自分と妹は違い、常に将来をしっかり見据えている。高校一年生の頃からオープンキャンパスに出向き、自分が何をしたいかを常に考え、志望校を決定しそれ…

失敗だらけのチャレンジ

大学院の試験が迫っている。 自大学の院を受ける同級生達は試験が終わりほっとしている中、他大学をこれから受ける自分はだんだんとナーバスになってきた。 そんなこともあり寝付けない、もちろん勉強しているけれど受かるビジョンが見えずにこわい。自大学…

旅と建築

大学4年生にもなると将来を考えるようになってくる

スクランブル交差点の中心で自由を叫ぶ

最近色んなYouTuberの動画をよく見ています。 中年層とそれ以上の世代とかからはYouTuber何それ状態だし TVやマスコミは、小学生のなりたい職業ランクにYouTuberが入っていて日本の将来が心配みたいな報道をしてる 確かにそういう側面もあるかもしれないけ…

私は旅人になりたい

私には夢があります それは旅をしながら生きること このブログのタイトルにもなっているように「旅」という言葉は私の人生の中で大きなウェイトを占めています。 思えば高校・大学の友人、母親の友達からバイト先の同僚まで、様々な人から私は将来どこか外国…

常識とは偏見のコレクションである。

最近ちょっとしたことでもヒトにいらついてしまう。 昔は気にもならなかったような些細なこと、自分とは違う考え、方法を好奇の目ではなく拒絶の目で見るようなことが多くなった気がする。 ヒトを許せなくなった。 自分がヒト許せなくなっていったのか それ…

つくられたコミュニティ

自分は属していないが専攻内にとある仲良しグループAがある。個人個人で見るとみんないい人だし、その人たちが集まっていても別になんともないし、いい人たちだ。しかしAというグループを意識しだして話が始まったりすると途端に気持ち悪くなる。 サークル…

問題解決能力はいらない

自分のずっと思っていることドンピシャの記事があった。 大学では問題発見能力と問題解決能力を高めるための訓練ばっかりさせられる。 考えれば考えるほどこの世の中は問題だらけのように思えてくる。 でも本当にそうなのだろうか。 問題だと思うから問題が…

労働と仕事

去年のクリスマス電通社員が過労死自殺し、電通のブラックな実態が明らかになってきた。まだ24歳ということで自分とさほど年齢は変わらない。とても痛ましい事件である。 いくつかの記事を徘徊しているうちに、ふと自分の同級生のブログ記事が頭に思い浮かん…

幸せへとつづく生き方

いつの間にか新学期が始まっていた。 なんだか夏休みっていう期間もほとんど休みなく動いていたので境目がわからなかった。 授業も少ないし、なんなら大学という組織自体に嫌気がさしているところも若干あるので、授業なんぞどうでもよい。 むしろ目の前のや…

お客さまにしかなれない少女

人は誰しも居場所を求めたがる。 高校を卒業して数年が経った。 高校のときはなぜか同級生よりも後輩のほうが仲が良く、というよりも後輩としか仲良くなく在学中はずっと後輩達に自分1人が混じるという構図で生活していた。 卒業後も会ったりしていたが、同…

仲介者である自分

性格診断テストやってみた 無料性格診断テスト、性格タイプ詳細説明、人間関係およびキャリアのアドバイス | 16Personalities ↑性格診断テストとその結果 16にしかパーソナリティを分けてないので他の性格タイプ見ても(あてはまっているな)と思う部分があ…

私が考えるのなんて追いつかないくらい、いろんな気持ちで世界は動いている。

大学も夏休みが近づいてきた。真っ白だった予定もちまちまと埋まり始めてきている。何もない夏休みっていうのも味気ないし予定が埋まっていくのは嬉しい反面、少しつまらなくもある。決まりきっている未来はつまらない。 今年度、1年間携わらなければいけな…

私っていう人間は絶望的な程自分のことしか考えられない

非常に大学に行きたくない。 責任に押しつぶされてきりたい授業がある。グループワーク的な感じで自分のつくったものをそのグループの人達全員が使う。授業内だけで使うのではなく、社会にも出していくような実践的な授業だ。実践的とは言えたかが大学の授業…

シンプルという言葉は嫌いだけどシンプルに生きたいというシンプルではない文章

今学期も半分くらい過ぎた。だんだん暑くなってきて家で作業するのも面倒くさい時期だ。できればだらだらしていたい。 4月に新学期が始まって今まで(今も)とにかくやるべきことが多かった。一つ一つは小さくてもやることが多いだけでこんなに辛くなるとは…

論理的思考はいらない

ついこの間所属している団体でちょっとした揉め事があって幹部同士が議論していた。一方の幹部Aはもう一方の幹部Bのことを感情的・主観的と批判していて、幹部Bの受け入れを聞き入れない。幹部Aの主張はなんだかどこかひっかかるものの論理的には破綻してい…

頑張らないという選択

課題ラッシュがようやく終わった.....2か月に一回くらいやってくる課題ラッシュのたびに今回のラッシュが一番やばいと思っているが実際今回が一番やばかった。特にこの1週間昼夜というものがまるでなく、眠くて眠くてしょうがなくなったとき2.3時間眠る…

出会いと別れの夢を見る

奇妙な夢を見て目が覚めてしまった。 昔の思い出の人達に再会するという夢。笑顔の再会もある、気まずい再会もある。 当時の出来事をそのまま夢に見るということはあっても当時の人達に今現在再び出会うという夢はほとんどなく(もしかしたら初めて?)新鮮…

我々はどれほどこの「世界」を知っているのだろう?

大学ではファインアートではなくデザインを学んでいる。 デザイン・設計を学びはじめまだほんの2.3年しか経っていないがどうすれば上手く進むのか、どういったものがいいのかほんのちょっと少しずつでもわかってきた。 分析や調査を行い、最初の糸口にさ…

呑み会の帰りにおもうこと

3月から関わっていた企画イベントが無事終わった、ので打ち上げに参加してきた。 こういうイベントごとに参加することはあれど、呑みの席に居合わせたのはとても久しぶりだ。 しかしやはり自分はこういった場は苦手だと再確認する。そもそも集団の中に混じ…

ブログ界はまさにカオス

はてなブログを利用しているわりに、今まではてなブログトップにでてくる旬のエントリーやらなんやらに目を通したことがなかった。もともと熱心に誰かのブログを見るような人間ではなかったし、ブログを始めてからも自分のブログなんかほとんど見返さない。…

自分の手の届く範囲で

春休みという時間は課題もなく、自分の制作が捗る。各地で開かれてる建築卒制を見に行き、自分の設計に活かすべく建築を考えるもどうも思いつかず、図面は引けない。でも手は動きたくてうずうずしてるので時計やらなんやらをつくる日々。 ここ最近、まれにだ…

スマホが壊れて世俗から少し離れる

年明け直後くらいにスマホを落として画面を割ってしまった。 画面がちょっと見づらいわ破片が落ちてくるわで早く直さなきゃと思ってはいたもののテスト&課題ラッシュの時期だったのでズルズルと後回しになっていき、気付けば授業も終了。さて画面修理するか…

夢をかなえる力とは・・・・

夢を叶える力とはなんなのだろうと最近よく考える。 SNSで昔の友人達が夢に近づかんとしているのを見て、また大学での友人達の着実にステップアップしていくのを見て、与えらた1日24時間という長さは同じなのにどうしてこうも違うのか、彼らは一体どうやっ…

最近課題の評価が停滞気味。 そういうときは無性に絵を描きたくなる。評価される世界からは完全に切り離された自分だけの描きたいものを描く世界。それはとっても楽しくてワクワクして、生きてるって思える時間。 思い返すと中学高校の時は何か課題を与えら…

コンセプトを打ち立てよう。

大学に入って千回は聞いた言葉「コンセプト」。 目的はなにか、なぜそれをするのか?何をするにもコンセプトが必要。 人生は短く、時間もお金も有限である。だからこそできる限り目的のある有意義なことに時間を使っていくべきである、ということだろう。 脳…

世界

「引きこもりのその先」 大学に入って、より社会を身近に感じるようになって、人間の汚さ社会の理不尽さというものを感じるようになった。 たまに漫画などで人間を超えた存在になりたい、人間以外の生物になりたいというキャラクターがいるが最近その気持ち…

酒と幸せ

「安寧」 水彩。筆遣いまだまだ。表現力がやっぱまだまだ足りないな。 大学に入り、お酒を飲んでいる人達といる場が増えた。 彼らは言う、酒を呑んで嫌なことを忘れよう。 でもそれは普段が辛い、ということの表れではないのか。なにも解決などしていない。 …