旅するデザイナーとマフラー

日常の備忘録。そしていつかする旅にむけて。

過去の自分に対し「視野が狭い」と言ってやりたい。

実家に帰り、母に会う。聞くとどうやら大学受験を控える妹が色々と悩んでいるらしい。 チャランポランな自分と妹は違い、常に将来をしっかり見据えている。高校一年生の頃からオープンキャンパスに出向き、自分が何をしたいかを常に考え、志望校を決定しそれ…

「動いた。」あなたと「動けない。」わたし

「動いた。」というサラリーマン創作グループを知っているだろうか。 普段は普通のサラリーマンだが土日を使って電子工作を使った創作活動に打ち込んでいるクリエイティブ集団だ。 初めて彼らの作品を見たのは去年Tokyo Design Week。曲に合わせて動く浮世絵…

失敗だらけのチャレンジ

大学院の試験が迫っている。 自大学の院を受ける同級生達は試験が終わりほっとしている中、他大学をこれから受ける自分はだんだんとナーバスになってきた。 そんなこともあり寝付けない、もちろん勉強しているけれど受かるビジョンが見えずにこわい。自大学…

Living Big In A Tiny House - 小さな家にでっかく住む -

www.youtube.com youtubeをフラフラしていたらこんなチャンネルを見つけた。 世界各国のDIYハウスや移動式住居、たまにはごく小住宅とありとあらゆる普通の家ほど大きくないけど豊かに生活している人たちとその家を紹介するというチャンネルだ。 このチャン…

旅と建築

大学4年生にもなると将来を考えるようになってくる

セブンイレブンの煉瓦がプリントだった件

タイトルのとおり。 ふとセブンイレブンの壁をみたらプリントだった。 ご丁寧にエッジが光って見えるようになっている。 以前自然素材だけで立体を構成するという課題が出された。 その先生曰く、人工的なアスファルトとかプラスチックに比べ自然の石などは…

ごちゃまぜの家

とっても面白そうな活動をみつけました! camp-fire.jp 無料で誰でも立ち入れて、本を読めたり料理したり、一緒にたまたま居合わせた人々と談笑したり。 誰もが立ち寄れるサードプレイスのような場所。 実際に行った人の感想をみても、とてもあたたかみのあ…

スクランブル交差点の中心で自由を叫ぶ

最近色んなYouTuberの動画をよく見ています。 中年層とそれ以上の世代とかからはYouTuber何それ状態だし TVやマスコミは、小学生のなりたい職業ランクにYouTuberが入っていて日本の将来が心配みたいな報道をしてる 確かにそういう側面もあるかもしれないけ…

モンゴルの移動式住居「ゲル」で家と共に旅を!!

この動画、モンゴルの移動式住居「ゲル」がどうやって組みあがっていくかがとても分かりやすく紹介されています。 www.youtube.com

私は旅人になりたい

私には夢があります それは旅をしながら生きること このブログのタイトルにもなっているように「旅」という言葉は私の人生の中で大きなウェイトを占めています。 思えば高校・大学の友人、母親の友達からバイト先の同僚まで、様々な人から私は将来どこか外国…

睡眠欲

身近に「寝すぎじゃない」みたいなことを言う人達がいる。 そういう言葉を聞くたび、いやそれは僕の勝手でしょと思うのだが、 睡眠欲っていうのは一番本能に正直な欲求なのかもしれない。自制が聞かないというか。 例えば4時間だけ寝るつもりが8時間も寝て…

常識とは偏見のコレクションである。

最近ちょっとしたことでもヒトにいらついてしまう。 昔は気にもならなかったような些細なこと、自分とは違う考え、方法を好奇の目ではなく拒絶の目で見るようなことが多くなった気がする。 ヒトを許せなくなった。 自分がヒト許せなくなっていったのか それ…

同じ目線で 同じ景色を視て・・・・・

タイトルの言葉は「ココロコネクト」というアニメの「ココロノカラ」という曲の一部。 同じ目線で 同じ景色を視て 同じ音を聴いて どんなに寄り添っても ヒトのココロは伝わらなくて... だから僕らは この想いを 言葉に託す 疲れ果て変な時間に寝て、深夜に…

小さな人生の決断

今日は午前中大学でちょっと用事を終わらせたあと、午後からとある展覧会に行こうとしていた。 その展覧会の会期は今日まで。 ちょっと気になっていたので時間空いたら絶対行こうと思っていたら最終日にしてやっとチャンスが巡ってきた。 どんな面白い作品が…

500枚スケッチ -200枚経過-

www.pixiv.net 500枚スケッチ、200枚目達成した・・やっと・・・ ここに来るまで長かった・・・。 年内に500枚とはなんだったのか・・・。いや授業とかでもスケッチ・パースはするんです、でもそれはカウントしてないからね・・あと10,11月大学生活中これ以…

つくられたコミュニティ

自分は属していないが専攻内にとある仲良しグループAがある。個人個人で見るとみんないい人だし、その人たちが集まっていても別になんともないし、いい人たちだ。しかしAというグループを意識しだして話が始まったりすると途端に気持ち悪くなる。 サークル…

かわいいかたちのUSB加湿器を考えてみる

USB加湿器をもらった。 たしかにかわいいたまご型 ・・・・・ でも、かわいいカタチってたまご型以外にももっといっぱいあるよな・・・ とふとおもい、自分なりのかわいいUSB加湿器をスケッチしながらちょっと考えてみよう!となった。

永瀬伊織ちゃんはメンヘラかわいい

元気はつらつな感じもすきだけどもっと病んでる感じの絵も描きたい

高校生時代の情熱と、大学生時代のスキル

高校の後輩一人が某大学の編入試験に合格したので合格祝いパーティということで久々にみんなで会ってご飯を食べるなどしていた。 集まった後輩のうち一人は今料理専門学校に通っていて、もう就職先も決まり、来年から働き始めるとのこと。 学校でつくった見…

大学生活におけるサークルの優位性について

自分は2つのサークルに1年のときから所属していた。つい先日、それぞれのサークルの一大イベントが終わり2つのサークルともに引退を果たした。正直ここまでたどり着けるとは思っていなかった。 ちょうどいい機会だし簡単に自分のサークル活動を振り返って…

安藤つばきちゃんはメッシュかわいい

やらないといけない課題があるのに一日中ひたすらお絵かきしてた。殊に10、11月が忙しく、自分の時間がほとんどもてなかったので、その反動なのかな・・・・。 (上の絵は今日描いたわけではありません) SHIROBAKOの安藤つばきちゃんが好き。メッシュ髪とか…

問題解決能力はいらない

自分のずっと思っていることドンピシャの記事があった。 大学では問題発見能力と問題解決能力を高めるための訓練ばっかりさせられる。 考えれば考えるほどこの世の中は問題だらけのように思えてくる。 でも本当にそうなのだろうか。 問題だと思うから問題が…

TDW火災におもう、建築学生がものをつくるということ

東京デザインウィーク2016で痛ましい事件が起こってしまった。 事件当日ではないが自分も色々見て楽しんできたので、つい数日前自分のいた場所で死者がでた、特に楽しむための場所で、というのはとても心苦しい。 亡くなってしまった5歳の男の子の冥福を祈…

労働と仕事

去年のクリスマス電通社員が過労死自殺し、電通のブラックな実態が明らかになってきた。まだ24歳ということで自分とさほど年齢は変わらない。とても痛ましい事件である。 いくつかの記事を徘徊しているうちに、ふと自分の同級生のブログ記事が頭に思い浮かん…

幸せへとつづく生き方

いつの間にか新学期が始まっていた。 なんだか夏休みっていう期間もほとんど休みなく動いていたので境目がわからなかった。 授業も少ないし、なんなら大学という組織自体に嫌気がさしているところも若干あるので、授業なんぞどうでもよい。 むしろ目の前のや…

本を読むということ、誰かの話を聞くということ

サークルに新しく入ってきたとある1年生はなかなかの経歴の持ち主でとても面白い。 高校を卒業し数年間フラフラしていたものの急に数学に目覚め、猛勉強の末大学に入った。大学に入った後も、自身の専門にとらわれることなく興味のある分野を幅広く学んでい…

久々のオフ

今日は久々の何も予定がない日だった。 授業・サークル・バイト等、そのどれから与えられた仕事の責任も社会人に比べれば笑ってしまうような微々たるものにすぎないので ”久々のオフ” なんていう言葉を学生である自分が使うのはなんだか気恥ずかしい、けれど…

500枚スケッチ -100枚経過-

やっと100枚描けた・・・ 実は高校のとき1日1枚スケッチをしていたので100枚という数は余裕かと思っていたけど、こんなにも大変だとは・・・・ 7月初めから始めたので単純に考えて1日2枚、高校のときの倍だ。 100枚経過してわかったこと ・描くことが習…

「アート」という言葉に対する不信感

つい最近ヘッダーの言葉を変えた。 変更前↓ 変更後↓ 「アート」という言葉に対する不信感が最近激しい。アートという言葉を見るだけでなんだか胡散臭さを感じてしまい、その胡散臭さみたになものに自分が染まってしまうのがなんだか気持ち悪いので、言葉を変…

折り紙コンベンションに参加した話

先日第22回折り紙コンベンションというものに参加してきた。 なんでも近所の子が折り紙好きらしく父親から連れていくように頼まれたのである。 自分自身もかれこれ10数年前に一度参加したことがあり(理由は忘れた)、だから父親も僕をチョイスしたのだろ…