旅するデザイナーとマフラー

日常の備忘録。そしていつかする旅にむけて。

大学院生が所謂就活をやめた(就活時期真只中編)

 修士2年になった。

 ゼミ及び他ゼミの同級生達は、早期選考で就職先が決まっていたり、就活の真っ最中である。

 黒いスーツを身にまとい、SPIやらリクメンやらを語っているのを見ると、まるで自分とは遠い世界のことだと感じてしまう。

 皆一様に黒いスーツを身にまとっているのを見るとなんとも気持ち悪さを感じる。

 私も一度だけ紺色のスーツを身にまとい、所謂就活というものをしてみた。が「自分には合ってないな」と思いすぐに辞めてしまった。

 未来はわからないが、もうスーツを着て「所謂就活」をすることはないだろう。

 

 

 

なぜ就活をやめたか?

 皆一様な就活に違和感

 日本はレール社会だとよく言われる。18歳で高校卒業&大学に入学し、学部3年、修士1年になると卒業後すぐに働くために皆一様に就活を始める。目指すところはそれぞれの業界で名の知れている大企業だ。一つのマスメディアが大きな力を持ち、多くの人が同じ趣向であった時代ならいざ知らず、多様な価値観が混在しているこの世の中で皆が皆画一的な大企業を目指す必要はないのではないかと思う。大企業に向いている人も当然いると思う、しかし一方でベンチャーや中小、NPOなどに向いている人もいると思うのだが、そんな方向に目を向ける人はほとんどいない。

話には聞いていた、就活になると皆同じ行動をとるということを目の当たりにした。

まだそれを楽しんでいたらいいのだが、不満を言いながら就活をしている様子がよくわからなかった。ESめんどくさいなら書かなければいいのに、説明会行きたくないなら行かなければいいのに。

その様子を見て、下級生達もとりあえずの行動をする。インターンに行く時期も計画的だ。就活で早期選考があるから、とりあえず応募する。なんだか全ての行動が、皆がやっているからとりあえずやる、に見えてしまった。

 

なりたい自分を考えていない

最近シェアハウスで一緒に住んでいる香港人・フィリピン人の子達とよく話す。彼らは話す、日本は堅苦しいと、皆同じにしていると。

一様に外国がいいというわけでない。そもそも日本に来ているような外国人はある意味その国の一般からはある程度はずれているのだろう。

でも私が出会った人々は皆自分の成長のため、やりたいことのため自由に生きていた。面白いと思うことを自分のペースで見つけ、つまらないと思ったらすぐに辞めて、どうやって生きていくかをその都度考える。焦りながらスーツを身にまとう人達とは対照的に、自由に生きている彼らが自分にはとても魅力的に見えた。

 

 

なぜ就活を忌み嫌い、辞めなければいけなくなったのか?

 まるで社会システムがよくないかのように語ってきたが、とはいえ自分に合っていない「所謂就活」を一瞬でも直面しなければいけなくなったのは完全に自分の自業自得である。

どうすれば回避できたのか。一言でいうと、もっと自分を分析するべきだった、に尽きる。

では具体的にどうすればよかったのか

 

自分の好きだけで生きていくための方法を考えること

インターンやアルバイト、また学内外で関わった多くのプロジェクトで感じたこと

 例えば

・某組織設計事務所での模型製作バイトで感じたずっと図面描いてるだけでつまんなそう(偏見)だけど服装はある程度自由でいいかも

・企業との共同研究で感じた分析するのはいいけど、その数字だけを追い求めていく感じは辛いな

・地域とのプロジェクトでのローテクばかりで新しいこと試せなくて微妙だけど小さい範囲の人を豊かにするの楽しいな

 

とかとか何が楽しくて何が辛いかについては明確にしていて、やりたいこと自体は明確だった。しかし様々な体験はしたものの結局自分は将来所謂企業で働くのだろうと思考停止していて、自分の領域で言えば、病院をつくりたいとか住宅を作りたいとかオフィスをつくりたいだとか、所謂企業に行くことがある程度前提の上に乗っ取ったレベルでの話にとどまってしまっていたことが反省として挙げられる。

やりたいことだけをやって、やりたいことは全くやらなくて済むような方法をもっと探していくべきだった。

 

 

世間の目を気にすること

  自分は周りから「自由人」だと言われることが多く、自分でもあまり人の目は気にしてないつもりだったが、やっぱりそれでも自分を貫けるくらいは目を気にしているなと感じた。

今の大学・大学院に進学した理由も、まず一般的には頭がいいと思われる大学を選別し、その中で最も興味をもった分野があるから、みたいなところは正直ある気がする。

同期とか先輩で大企業に就職が決まった人に対し、皆「すごい」というし、自分もすごいなぁと思っていた、自分もそうなりたいなと少なからず思っていた。しかしそれは自分を幸せにはしないのだろうと今になると感じたし、自分らしく生きれることこそが最も重要なのだと思う。

同期の1人が言っていた。会社の懇親会で周り有名大学の人達ばかりだったと。そんなことは関係ないんじゃないかと今は思う。

 

 

これからどうするか

 所謂就活がダメなのではない。所謂就活が性に合っている人も当然いるし、そういった人はその方法をとるべきだ。たまたま自分には合わなかった、それだけのことだ。

 ただあれこれ言ったものの、生きていかないといけないので(お金を稼がないといけないわけではない)そのための方法を考え続けなければならない。

 

一般的な人に比べたら、考えるのが遅かったかもしれない。が思い立った時が一番若いのであれこれ動き出している。

このブログのタイトルにもあるように自分の行動原理は「旅」であり、場所に囚われず自由に生活をしたい。その他ここには書けない自分のあらゆる好き・やりたいを詰め込んだ暮らしができるよう「所謂就活」以外に幅を広げて活動を行っていく。

 

 この記事のタイトルには「就活時期真只中編」とある。「卒業直前編」だとかになった頃にはこの考えを後悔していないだろうか。現時点でまるで後悔していないし、自分の選んだ道を正解にしたい。その軌跡をこれからも記していこう。

もっとずっとワクワクすることを

f:id:abingdonelinika:20190210025117j:plain

最近、生活が楽しい。

 

なぜだろうと考えていると1人の先輩のことを思い浮かべる。最近は割とずっとその先輩とつるんでモノをつくっている。 その人と一緒にモノをつくるのは楽しいし、とても充実している。できるならばこの時間が永遠に続けばいいとまで願っている。その先輩とのモノづくりは私をとてもワクワクさせてくれる。

 

私は高校時代いつもワクワクしてモノを作っていた。あの頃はモノづくりの技術も理論的な知識も何も持っていなかった、でもモノをつくろうという情熱だけはあった。

大学に入りモノづくりを学ぶと途端につくれなくなってしまった。自分のつくるものは下らないんじゃないかとかあらゆる思考がモノづくりへの意識を遠のかせてしまっていた。

でも、その先輩との出会いが私を変えてくれた。

その先輩を見ているとまるで高校の頃の自分を思い出す、つくりたいという情熱だけで生きていた自分を。 それをつくることで世界がどう変わるのか、とか誰にどうメリットがあるかなんてことは考えない。

 

自分がつくりたいからつくる、ただそれだけだけど、とても大切なこと。

もっと自分がワクワクすることをしていきたいし、それこそが人生を豊かにする。

大学院生半年シェアハウスで住んでみてわかったこと

f:id:abingdonelinika:20181022000906p:plain

 実は4月からシェアハウスに住んでいる。ここでの生活も早半年が経ち、ようやく自分の中でもここでの生活をすこしずつ咀嚼できてきた。今回は大学院生(大学生)という目線で私のシェアハウス生活を記していこうと思う。

 

続きを読む

上海でのインターンで生活を学ぶ

久々の更新となってしまった。

夏休みの一部期間を使って、上海でインターンを行っていた。

 

f:id:abingdonelinika:20181008114401j:plain

f:id:abingdonelinika:20181008114211j:plain

上海の夜景はどこを切り取っても絵になる・・・・。すごい・・・。

 

働いた企業はものづくり系の商社で自分は製品カタログの中日翻訳作業を主に行った。

日本でもインターンに行ったことのない自分にとって、実際の会社で朝から夕方までみっちり働くという体験は新鮮で、これが仕事というものだと(この年になって)やっと実感できたいい経験だったと思う。

 

その中でも特に印象に残っていたことがある。それは1人の日本人社員が朝礼で話した内容である。

 

「日本で働いていた時は、がむしゃらに仕事をしていてそのことしか考えていなかった。中国に来てみて中国人と働いてみて気付いたこととして彼らは自分の本当に大切なことを考えながら、自身のキャリアを考え、生活している」

 

この言葉を聞いて、私は自分自身の生活を見つめなおした。

 

思い返すと、自分は大学でもプロジェクトを進めるために休日を返上して、作業をしているし、同級生もそういう人が多いように感じる。こういう人間の行く末は会社に入っても私生活を疎かにする仕事人間になりかねない。

 

 

「生活をする」

大学院に進学するにあたって、私が目標としていたことの一つであるが、なかなか達成できていない。それは単にやることが多くて忙しいだけではなく、自分の本当に大事なことが何かと考え、見つめていないからだ。

 

大学院修士1年の後期も始まった。

「生活する」

単純なことだが、難しいこのことを行っていこうと思う。

 

そのためにも

・自分の大切なことは何か

・どうなりたいのか

を今一度考え直したい。

私は経験が少ない。

他大学の方と話す機会に恵まれた。

あまり大学間交流をサークル活動でも学部でもしてこなかったので、最初はどうだろうと思ってみたが意外と楽しい。連絡先を交換しなかったことに少しだけ後悔。

大学院に来て、学部時代と比べてより大きなプロジェクトに関わるようになってみると、みんな私と違ってとても社交的だなと感じる。

分け隔てなく楽しげな会話をし、友達の友達と人脈を広げていく。

そういう人たちと比べると私は本で聞き齧った薄っぺらい知識をぶら下げながらなんの経験もせずに生きているのだなと思う。

人との出会いは自身の経験につながる。

私は圧倒的に経験が足りていない。大学院から新天地に来て、交友関係が大学内とシェアハウスの同居している人だけというのはなんだか悲しい。

悲しいと思って無性に新しい人に会いたいと思うのだが出会い方がわからない。

大学なんて飛び出してどこか旅に出てしまいたいと無性に思うけれども、私は見えない大学という鎖に縛られている。

このブログのプロフィールには今「いつかする旅にむけて」とあるがこの調子では一生旅なんぞできずに、ただ無駄な知識をふやしていくだけなんではないかと焦燥感にかられる。

眠れない午前3時。