旅するデザイナーとマフラー

日常の備忘録。そしていつかする旅にむけて。

捨てられないもの

 卒制を提出し終えた。発表等はまだ残っているので気は抜けないが、ひとまず休憩。

 

昨日は地域のシニア世代の方々に、生活をしていて捨てにくいもの、使いにくいものを挙げてもらいながらモノとの付き合い方を見直すワークショップの手伝いをしていた。

 シニア世代向けだったこともあり、人生をどう終えるか、「終活」に関わる話も多く、モノをどう整理し捨てるかという話題がだんだんと中心になっていった。

 

4年前に住み始めたこの6畳の下宿先もモノが増えたなと実感する。書籍が増えたので本棚を買ったり、服は洋服ダンスいっぱいにまでなった。普段は空けないような引き出しからいつだかの授業のプリントがでてきたり、なんだかわからない保証書や契約書がでてきたり。画材の類もたくさんでてきた。

私は春から他大学院に進学するため、今からちまちまと引っ越しの準備を進めている。いざ整理を始めると、何の感慨もなく捨てれてしまうモノもたくさんあり、こんなものが今まで部屋を占領していたのかと思う。着なくなった服、旅行して衝動買いしたはいいもののほとんど使わずにただの物置と化したもの。

 

1人暮らしをしていると、毎週ゴミ捨てのたびに私はこんなにもゴミを生み出しているのかと実感する。

コンビニで弁当を買い、食べて、容器だけが残る。その容器を捨てる旅、この陽気は一体何のために生み出されたのだろうと思ってしまう。

大学の授業で、説明会で、いろいろともらった書類や資料。必要かもしれないととっておくも、今整理の段階でほとんど無価値なものだと気づき、ほとんど読み返すこともなく(いやもらった当時もろくに読んでいないだろう)捨ててしまう

 

一方で見返すことはほとんどないが、思い出があって捨てられないものも多い。高校時代のアルバムとかがその例だ。人生を歩めば歩むほど、過去の思い出が増えてきて捨てられないものが増えていくという現実に今からどうしようかなぁと悩む。実際今現在も、私の持ち物の中で昔の思い出に関連するモノが占める割合はそれなりに多い。

 

 

「モノをつくる」学問を学んできたこともあってか、モノってなんだろうなってよく考える。

なんの感慨もなく捨ててしまえるもの、捨てることが当たり前のモノも誰かがつくっているわけで。すべてのものに愛着を、とは難しいまでもモノ1つ1つを大切にしたい、と昨日のワークショップを通じて改めて思った。

卒業制作(提出目前をひかえて)の感想 - 私はこうして自分自身の卒制を失敗した -

 

卒制提出が迫っている。

 

 ブログなんぞ書いている場合ではないのだけど、「喉元過ぎれば熱さを忘れる」ともいうように、提出してしまうと考えていたことなんぞ忘れてしまうだろうので、今のうちに考えていたことなどを吐き出してしまいたいと思う。

 

そしてこれが提出前最後の休息になるだろう・・・・

 

※※※※※※※※

 

 目次

  •  一年を振り返って
  • なぜ卒制はうまくいかなかったのか 
    • スタートダッシュでつまづく
    • 空気を読んで、遠慮をしすぎた
    • 相談をしなすぎた
    • まぁそもそもゼミ選びで教授の相性だとかをもっと考慮にいれるべきだった
  • 一年を通してよかったこと、学んだこと
    •  自分の向いているコミュニティとはなにか、向いている立ち位置とはなにか
    • 自分がいかに頭が悪いか
  • これから先どう過ごすか

 

続きを読む

500枚スケッチ -300枚経過-

www.pixiv.net

 

やっと300枚目。

 

200枚目を書き終えたのが去年の1月だから1年かかって100枚描いたことになる。まだまだだなぁ・・・

 

300枚目を終えて、コピックの使い方はうまくなったと思う。

 

特にこの1年の間はポートフォリオ制作で作品ブラッシュアップのため、いろいろアイデアスケッチとかをそれなりに描いた(この500枚スケッチの間には入れてないけど・・)。

 

模写も大事だけどちょくちょく頭の中のアイデアを紙の上に書き写す作業も必要だと感じた。

 

でもまだまだ毎日の習慣にならない。そしてそんな自分に自己嫌悪してしまう・・。

 

卒制提出も間近なのでこの辺で。

窓から見える景色

f:id:abingdonelinika:20180104013059p:plain

卒制に行き詰まる。やる気もでない。

 

作業が行き詰まると自転車に乗ってただ街をブラブラするなどする。 特に住宅街をブラブラするのは楽しい。、色んな家を見れて、住宅建築好きにはたまらない。 特に窓を覗くのが好きだ。

 

家のデザインだけじゃなくてそこに住む人の生活も想像する。庭の様子とか外観から内装とかを空想してみたりする。たまに見かける2階の窓から見える景色、2階まで吹き抜けになっていてその吹き抜け空間に面している窓は誰の部屋なんだろうと思う。

 

 

2018年の目標

2017年が終わった。

 

2017年はまさしくゼミの奴隷であった。

 

なんか・・・こう・・・思い返してみて色々あったけれどもゼミでのプロジェクトに関することがほとんどを占めている感じがする。そしてそこから得たものの実感は今だない。

 

この思い出も「いやぁ、あの日々は辛かったけど充実してたなぁ」っていつか思える日がくるのかぁ。そうでも思わないとなんだかとんでもないことに時間を費やしてしまった気がする。

 

f:id:abingdonelinika:20180103005323p:plain

 

2018年になった。

 

きっと今年は色んなことがあった大学生生活4年間も終わって、新しい生活の幕開けとなる年になるだろうと思う。

 

なんだか追われるままに終わってしまった今年の反省も踏まえて、2018年は具体的な目標を定めたいと思う。

 

  • 制作を続ける

 基本的に私がネット上で発表するものは私個人のリアルと切り離したものである、

からこそなかなかpixivとかtumblrとか各種SNSで挙げられるものってなかなかない。

けどうらを返すと僕が制作しているものってほとんどが大学の課題だったり誰かから頼まれてつくったりするような趣味とはまた違ったものなのかなぁと前々から感じていた。職業デザイナーとしてはそれでいいのかもしれないけれども、なんだか自分の世界観としての作品が広がらないかなぁとも思ったりする。

僕自身の「リアル」から切り離された作品がどれほど意味をもつのか試す、そのためにも制作をきちんとしていきたい。特にイラストは大学入ってから見つけた趣味でなおかつ大学でやっていることとあまり関係性がないしね。

 

  • 語学を継続的に勉強する

 去年1年は外国人と接する機会がこれまで以上に多かった。はじめて南アメリカに旅立つという経験もしたし。

やっぱり私は旅が好きだ。いつか旅にでるための下準備として、来年以降は今のところ(未定だけど)外国人とのシェアハウスに住む予定。色んな国の人と話して世界を広げたい。

 

  • ・衣食住を大切にした生活をする

  大学生活、特に今年は忙しいという言い訳から、衣食住がおざなりになっていた。

仕事だとかの「やらなきゃいけないこと」に振り回されて、「生活」を疎かにするのではなく、人間としてのあたりまえの「生活」を送ることをまず大前提として、「やらなきゃいけないこと」をどう処理していくかを考えていきたい。

生活の順序をきちんと考えながらいきようと思った。

 

  • ブログをきちんと続ける。

 このブログの現状を鑑みてもらえれば・・・・わかる通り・・・・。

ただでさえ文章考えるの下手なのだからせめていっぱい考えて練習するように、今年こそはしたい・・・。

頭の中のこんがらっている事柄を整理するという意味で、ブログみたいなカタチで情報をぶしょうとして視覚化して、まぁあわよくば他人に見てもらえるという可能性(緊張感?)がある状況ってとても幸福だと思うから。

卒制が控えている1,2月がとんでもなく鬼門だけど・・・・がんばりたい・・( )

 

 

うん、こんなところかな

 

具体的といいつつ、平凡でありきたりでぼんやりした目標になってしまったかもしれないけれども、平凡な私はそういう当たり前を大事にしていこうとおもう