読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅するデザイナーとマフラー

哲学だったり、お絵描きだったり、アニメだったり、建築だったり。日常の備忘録。

同じ目線で 同じ景色を視て・・・・・

 タイトルの言葉は「ココロコネクト」というアニメの「ココロノカラ」という曲の一部。

 

同じ目線で 同じ景色を視て 同じ音を聴いて どんなに寄り添っても

 

ヒトのココロは伝わらなくて...

 

だから僕らは この想いを 言葉に託す

 

疲れ果て変な時間に寝て、深夜に起きてしまうと、暗闇にのまれ楽しい気分にもなれず、もう一度寝ることもできず、考え込んでしまう。

今日のあの会話、あの時、もしかしたら傷つけてしまったかもしれない、誤解されたかもしれない、あの時ああいえばよかったのではないか、、、、

 

 

自分は説明が下手だ。独特だといわれる表現と擬音を使い、最初に聞いたらなんのことを指しているんだかわからないと言われる。しかも雰囲気で理解してもらおうとするからたちが悪い。

この歌詞にある通り、人の心というものはそう簡単に通じ合わない、悲しいことに。

 しかも仮にうまく説明できたとしても、悲しいことにその心すら共感してもらえないことが多々ある(きちんと説明して理解してもらえるはず・・・)。

 

 

でも稀にそんな自分のつたない表現の話と不完全な心情をなんでだが理解してくれる人がいる。そんなとき自分はそこに居場所を見つける。

 

会話の技術を高めれば、心情をより多数派に傾け染め上げれば、理解者が増えるだろう。

 

でもそれを越えて、理解できる人が確かに存在してるということが自分のなかで自分を貫き続けようという自信を与えてくれる。

 

この広い世界で彼らを見つけ出すことはとても難しい。

でも

ココロが通じ合う人、それを見つけ出すことこそが幸せへの近道なのだろう

 

小さな人生の決断

日常

今日は午前中大学でちょっと用事を終わらせたあと、午後からとある展覧会に行こうとしていた。

その展覧会の会期は今日まで。

ちょっと気になっていたので時間空いたら絶対行こうと思っていたら最終日にしてやっとチャンスが巡ってきた。

 

どんな面白い作品が待っているのだろうとワクワクしながら電車に乗っていたら、ふと午前中の用事でやり残していたことに気づく。大学からの振込依頼書(5000円くらい)を書き忘れていた・・・・。

書き忘れたところで自分にお金が入ってこないだけなので誰に迷惑がかかるわけでもないが5000円はちょっと痛い。

でも一度大学にもどれば、確実に展覧会に行く時間はない・・・・。

どうしようかとまよった挙句、大学にもどることに。

 

 

こういったほんの一瞬の決断で、人が今後どんな人生をおくるかわかってしまう気がする。

今回でいえば

・5000円を捨て、楽しみにしていた展覧会に行く

 →損はするもののそれと同時に得もする。

・展覧会に行かず、5000円を手に入れる

 →リスクをさけ、±0をとる。 

の2択だ。

 

 

自分は基本的にリスクを恐れる人間だ、だからこそリスクを無視し、楽しいと思った方向へむかう破天荒な生き方にあこがれる。

 

(5000円なんて働けばあとからいくらでも手に入る、展覧会に行くべきだ、!)

最初はそう思っていたもののいざ決心するとふんぎりがつかない。その展覧会にそんなに価値があるのかとSNSでなんとなしにその展覧会の様子をみて、結局大学に戻ったのだった・・・。

 

自分のなんと堅実であることよ・・・。これでたとえ展覧会に行ったとしてもそれは展覧会の価値と5000円を天秤にかけ、展覧会が勝っただけのこと。もっと純粋な楽しさとかワクワクとかそういった自分の心情を大事にしたいと思っているのになかなかうまくいかない。

 

きっとこういった地道なところの選択から生き方が変わってしまうのだから、せめてこういった地味で小さなところくらいは自分の目指すべき生き方をしたい。

 

500枚スケッチ -200枚経過-

お絵描き 日常

www.pixiv.net

500枚スケッチ、200枚目達成した・・やっと・・・

ここに来るまで長かった・・・。

年内に500枚とはなんだったのか・・・。いや授業とかでもスケッチ・パースはするんです、でもそれはカウントしてないからね・・あと10,11月大学生活中これ以上ないっていうくらい忙しかったからね・・・

 

 

はい、言い訳です、どんな状態でも描けるようにならないとなぁ。

続きを読む

つくられたコミュニティ

日常 考え事

自分は属していないが専攻内にとある仲良しグループAがある。個人個人で見るとみんないい人だし、その人たちが集まっていても別になんともないし、いい人たちだ。しかしAというグループを意識しだして話が始まったりすると途端に気持ち悪くなる。

 

 

サークルの新歓期、同期の女の子が新入生に言った「入会する?」という言葉がなぜかときどき思い出される。その言葉を思い出すたびなぜだか気持ち悪くなる。

続きを読む

かわいいかたちのUSB加湿器を考えてみる

日常

USB加湿器をもらった。

 

f:id:abingdonelinika:20161231235954j:plain

 f:id:abingdonelinika:20170101000016j:plain

たしかにかわいいたまご型

 

・・・・・

 

でも、かわいいカタチってたまご型以外にももっといっぱいあるよな・・・

とふとおもい、自分なりのかわいいUSB加湿器をスケッチしながらちょっと考えてみよう!となった。

 

続きを読む

永瀬伊織ちゃんはメンヘラかわいい

お絵描き

f:id:abingdonelinika:20161223012417p:plain

元気はつらつな感じもすきだけどもっと病んでる感じの絵も描きたい

高校生時代の情熱と、大学生時代のスキル

日常

高校の後輩一人が某大学の編入試験に合格したので合格祝いパーティということで久々にみんなで会ってご飯を食べるなどしていた。

 

集まった後輩のうち一人は今料理専門学校に通っていて、もう就職先も決まり、来年から働き始めるとのこと。

学校でつくった見た目おしゃれでなおかつおいしそうなお菓子の写真とかを見せてくれて、あぁ高校の時からお菓子つくるの上手かったけど、こんなにもレベルが上がっているとはなぁとしみじみ・・・。

 

続きを読む